日帰りなのに旅行気分♪~テディベアミュージアムなのにテディが主役を奪われ気味?帰りは結局熱海にも寄ったよ~

2016年6月21日

さて、来宮から伊豆急で伊豆高原へ。
だいたい40分ほどなので、お昼を食べて、景色を眺めながらひと休みにするにはちょうどいい時間。

目的地の伊豆高原はペンションがいっぱいで、高校の卒業旅行を始めとして何度か泊まりで遊びに行っている場所です♪

それでも、今回行ったのは10年ちょっとぶりくらいだったので、駅が大きく、綺麗になっていてちょっとびっくりしました。
駅前には足湯もあったし。

次はムスメとお泊まりで遊びに来たい♪

……よ、予算が組めれば;;

テディベア……ミュージアム?

テディベアミュージアムは駅から歩くこと10分弱。
一応道の表示は出ているのですが、その表示が出ているところまではわかりにくいかもなので、伊豆高原駅の窓口で1度道を訊いて、方向を確認することをお勧めします。

高原の名にふさわしい、自然いっぱいの道路を歩いて行くと。

160211a12

着きました♪

入場料は
大人1080円
小学生640円。

各種クレジットカード会社と提携していて、持っているカードの種類によって割引額が様々なようです。
クレカは持っていな~い!って方は、テディベアミュージアムの公式サイトでプリントアウトするタイプの100円引き券があるので、それを使うといいかも。

使わないと損!

っていうか、損した気分になるかも。

というのも。

私自身は、テディベアミュージアムに来るのは2回目。
そこまで広い場所ではないのは承知で行ったのですが、改めて行ってみて1080円分の価値があるのかと問われると、う~ん、、、という感じ。

いや、可愛いんですよ!すごく。

入り口には。

160211a08

こういうテーマごとのテディベアが展示してあるし。

160211a11

1Fは確かにテディベアミュージアム。

でも、2Fは。

160211a10

ジブリ空間。

好きですよ、ジブリ。
吉祥寺のジブリ美術館にも行ったし。
ただ、そうでなくとも広くない建物で、2Fが全部ジブリとなると、テディベア見に来たのになぁって気分になります。

2Fも一応、トトロたちとテディたちとの共演になっていはいるけど、主役は持ってかれている感。
 

ただ。

160211a09

猫バスは子ども限定!っていうジブリ美術館と違って、ここなら大人も猫バスに乗れちゃいます♪

猫バスに乗って遊ぶムスメを、「いいなぁ(羨)」って眺めてたので、ここでは乗れてちょっと嬉しかったですv

このジブリスペースは企画展だそうですが、公式サイトを見てもいつまでやっているのかがわからないので、気になる方は早めに行っておくといいかも。

有料スペースはさくっと見終わってしまったので、同じ敷地内にあるカフェへ。

160211a06

160211a05

スコーン 500円
プリン 500円
カフェラテ 600円

プリン、おいしかったのでオススメです(^-^*)

このカフェと、ぬいぐるみやポストカードなどのテディベアグッズが買える場所は入場無料エリアなので、大人はカフェでひと休み、子どもは展示を見てくる?なんて楽しみ方もアリな気がする。

ちなみに、このテディベアミュージアムの近くには、アンティークジュエリーミュージアムとか人形の美術館それいゆとか、立ち寄ったら楽しそうな美術館や博物館がいくつもあります。

ランチやお茶をするにも、小洒落たお店が多いので、散策がてら多めに時間をとっておいて遊びに行くのも楽しいかも。
ただ、あまり小さな子よりは、ある程度いろいろなものを静かに見られるくらいの年齢になってから訪れる方がいいかもしれません。

さてと。
日帰り旅行満喫したし、そろそろ帰ろうか、と再び伊豆急で熱海まで戻ること40分。

帰宅への乗り継ぎは、急げば間に合う乗り換え電車か、1時間ちょっと後の電車。

「もうちょっとだけ遊びたい♪」というムスメのリクエストで、熱海駅周辺を散策することにしました。

熱海駅周辺には、お土産が買えるようなお店が結構多いです。

写真スポットも。
160211a02

160211a01

出来たてのお饅頭を食べたり、ご当地限定のお菓子とか名産品を見たり、短時間でもそれなりに楽しく過ごせました。

日帰りだったけど、結構盛りだくさんに遊べてムスメも大満足!
熱海周辺~伊豆急沿線は遊べるスポットが多いので、また計画したいです(`・ω・´)

日帰りなのに旅行気分♪~熱海梅園&あたみ桜~痛恨の失敗はコレ!
日帰りなのに旅行気分♪~梅園から歩いてパワースポットで有名な来宮神社へ~ムスメにわかりやすい例えはプールだった
日帰りなのに旅行気分♪~にゃらん号で伊豆高原にGO♪下調べが甘かったせいでもったいなかった!~

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

Twitter で