暦&年中行事

2016年3月26日

目次

年中行事

二十四節気&七十二候

子どもの成長に沿ったお祝い

年中行事

七十二候
1月 元旦

七草がゆ

鏡開き

どんど焼き

成人の日

2月 建国記念日

バレンタインデー

3月 桃の節句(ひな祭り)

春分の日

イースター

4月 エイプリルフール

昭和の日

5月 憲法記念日

みどりの日

端午の節句

こどもの日

6月
7月 七夕

海の日

8月 山の日
9月 重陽の節句(菊の節句)

敬老の日

秋分の日

10月 体育の日
11月 文化の日

勤労感謝の日

12月 天皇誕生日

クリスマス

▲目次へ戻る

二十四節気&七十二候

元を辿ると、二十四節気も七十二候も古代中国の暦なんだとか。
七十二候については、元々の中国の言い方をそのまま使っているものもあれば、日本の気候に即した言葉に言い換えたものも。
江戸時代、渋川春海ら暦学者によって日本風に改訂され「本朝七十二候」が記され、現在主に使われている七十二候は明治時代に『略本暦』に掲載されたものだそうです。

二十四節気 七十二候
3月 啓蟄
けいちつ
蟄虫啓戸
すごもりむしとをひらく

桃始笑
ももはじめてさく

菜虫化蝶
なむしちょうとなる

春分
しゅんぶん
雀始巣
すずめはじめてすくう

桜始開
さくらはじめてひらく

雷乃発声
かみなりすなわちこえをはっす

4月 清明
せいめい
玄鳥至
つばめきたる

鴻雁北
こうがんきたへかえる

虹始見
にじはじめてあらわる

穀雨
こくう
葭始生
あしはじめてしょうず

霜止出苗
しもやんでなえいづる

牡丹華
ぼたんはなさく

5月 立夏
りっか
蛙始鳴
かわずはじめてなく

蚯蚓出
みみずいづる

竹笋生
たけのこしょうず

小満
しょうまん
蚕起食桑
かいこおきてくわをはむ

紅花栄
べにばなさかう

麦秋至
むぎのときいたる

6月 芒種
ぼうしゅ
螳螂生
かまきりしょうず

腐草為蛍
くされたるくさほたるとなる

梅子黄
うめのみきばむ

夏至
げし
乃東枯
なつかれくさかるる

菖蒲華
あやめはなさく

半夏生
はんげしょうず

7月 小暑
しょうしょ
温風至
あつかぜいたる

蓮始開
はすはじめてひらく

鷹乃学習
たかすなわちわざをなす

大暑
たいしょ
桐始結花
きりはじめてはなをむすぶ

土潤溽暑
つちうるおうてむしあつし

大雨時行
たいうときどきにふる

8月 立秋
りっしゅう
涼風至
すづかぜいたる

寒蝉鳴
ひぐらしなく

蒙霧升降
ふかききりまとう

処暑
しょしょ
綿柎開
わたのはなしべひらく

天地始粛
てんちはじめてさむし

禾乃登
こくものすなわちみのる

9月 白露
はくろ
草露白
くさのつゆしろし

鶺鴒鳴
せきれいなく

玄鳥去
つばめさる

秋分
しゅんぶん
雷乃収声
かみなりすなわちこえをおさむ

蟄虫坏戸
むしかくれてとをふさぐ

水始涸
みずはじめてかる

10月 寒露
かんろ
鴻雁来
こうがんきたる

菊花開
きくのはなひらく

蟋蟀在戸
きりぎりすとにあり

霜降
そうこう
霜始降
しもはじめてふる

霎時施
こさめときどきふる

楓蔦黄
もみじつたきばむ

11月 立冬
りっとう
山茶始開
つばきはじめてひらく

地始凍
ちはじめてこおる

金盞香
きんせんかさく

小雪
しょうせつ
虹蔵不見
にじかくれてみえず

朔風払葉
きたかぜこのはをはらう

橘始黄
たちばなはじめてきばむ

12月 大雪
たいせつ
閉塞成冬
そらさむくふゆとなる

熊蟄穴
くまあなにこもる

鱖魚群
さけのうおむらがる

冬至
とうじ
乃東生
なつかくれくさしょうず

麋角解
おおしかのつのおつる

雪下出麦
ゆきわたりてむぎいづる

1月 小寒
しょうかん
芹乃栄
せりすなわちさかう

水泉動
しみずあたたかをふくむ

雉始雊
きじはじめてなく

大寒
だいかん
款冬華
ふきのはなさく

水沢腹堅
さわみずこおりつめる

鶏始乳
にわとりはじめてとやにつく)

2月 立春
りっしゅん
東風解凍
こちこおりをとく

黄鶯睍睆
うぐいすなく

魚上氷
うおこおりをいずる

雨水
うすい
土脉潤起
つちのしょううるおいおこる

霞始靆
かすみはじめてたなびく

草木萠動
そうもくめばえいずる

▲目次へ戻る

子どもの成長に沿ったお祝い

名称 年齢
お七夜 産まれてから7日目の夜にするお祝い
お宮参り 生後30日目頃に、地元の神様へお参りする
お食い初め 生後100日目にする儀式
一升餅 満1歳
七五三 数え年で、
男子は3歳と5歳
女子は3歳と7歳
十三参り 数え年で13歳。
小学校を卒業し、中学にあがる年。

成人式 満19~20歳。

▲目次へ戻る

Posted by yoinomia